2011年10月11日

移民受け入れは百害あって一利なし。・・・移民側にも受け入れ側にも

「移民とは、自国より他国のほうが豊かであると考える愚か者。」
アンブローズ・ビアス著“悪魔の辞典”よりの言葉である。
まあ、俺の訳が若干ニュアンスが違うかもしれないが概ねこういうことを言っている。
至極当然の話なんだが、これは移民側だけに言える話だろうか。
実は受け入れ側にも言えることなんだな〜。
どういうことかというと「移民受け入れ者とは自国がさらに発展すると考える愚か者」ってことだ。
・・・ビアスのように綺麗に纏められなかったがそういうこと。
移民受け入れ論者は“負の効果”を全くと言っていいほど言及していない。
今回はこれについて話したいと思う。


続きを読む
posted by 泳ぐ鳥 at 17:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 鳥の言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

静岡県知事の原発容認論?・・・今の日本人は肝に命じろ。

「電力不足なんで節電を」と言っていた夏もすぎ涼しくなりましたね。
今年は“運良く”夏が厳しくなかったのだが、さてこれからどうなるんだろうね?
さて日本の原発が停止(まだ数基残ってたか?)し、これからどうするよって話になるわけだが、ちょっと古い話で申し訳ないが静岡県知事が面白い発言をした。

ソース http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110928-OYT1T00105.htm

全面停止中の中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)をめぐり、半径10キロ圏内にある静岡県牧之原市議会が永久停止を求める決議を可決、西原茂樹市長が同様の意向を表明したことについて、川勝平太・同県知事は27日の県議会代表質問で、「永久停止宣言で思考停止になったら知的な鎖国。そうならないように、科学的に評価し、県民の意見も踏まえて判断する」と述べた。


続きを読む
posted by 泳ぐ鳥 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。