2013年01月18日

アルジェリアの天然ガス施設襲撃事件。・・・問題は日本の脆弱な情報収集能力。

連日、報道されているアルジェリアの襲撃事件。
軍の空爆がとか人質が多数死亡とか、情報がかなり錯綜しているようだ。

ソース http://mainichi.jp/select/news/20130118k0000e010184000c.html

 アルジェリアにある天然ガス関連施設でプラント大手「日揮」の日本人従業員らがイスラム武装勢力に拘束された事件で、菅義偉官房長官は18日午前、日揮から外務省に対し、「安否確認がとれたのは3人で残り14人は不明」との連絡があったことを明らかにした。首相官邸で記者団に語った。


・・・これを載せる頃にはまた情報が変わっているかもしれないので、とりあえず事件についての直接のコメントは避ける。
ただ、今回の件ではっきりしたのは日本政府の情報収集能力の無さ加減だ。
・・・いや、今に始まったことじゃないけど、日本ってCIAやMI6みたいな諜報機関が無いんだよね。
今回のように、結局は現地駐在の外務省職員か企業の社員、外国政府の情報、海外メディアに頼るしかないわけだ。
早い話がいい機会だから、法整備して情報収集機関を創設することが大事だ。
外国と連携するにしても相手の情報のみでは情報の精査はできない、日本も独自に情報収集し互いの情報を精査すれば精度も上がり結果的に連携の成果も上がるってことだ。
これは国益であり、国民へも還元される。
まあ、そんなことをさせまいと民主・社民・共産・平和団体・人権団体・反戦団体・反核団体・日本マスコミ・プロ市民が大声を出すだろうけどね。
そもそも日本が情報機関を作れなかった理由がこういった連中の声に配慮していたからであって、民主党政権が売国行為や中国・韓国の日本侵略のおかげで、情報機関がないことがどれだけ危険かを国民に知らしめてくれた。
まあ、遅すぎたってのもあるが、反対してれ連中って結局“自分に非があることを認めている”ってことなんだよねW
もっとも、情報機関の上にある政府が“民主党のような売国政党”であれば結局意味がないのだが、それを監視するのが国民でありそのための選挙なわけだ。
ただ日本の不幸は、自民党以外の政党が結果的に売国政党以外の何者でもないってところが痛いところなんだけど。
(自民内部にも未だに“害虫”がいることは認めるけどね。)
ともかく今回のアルジェリアの件は不謹慎ではあるが、正直、いいタイミングだったのではないだろうか。

追記
日本の反戦・平和・憲法9条団体の皆さ〜ん。
今こそ出番ではないのですか?
非武装・対話による平和的解決・世界に平和憲法を広め、戦争のない世界を作るためにも現地へ行って活動するときではないですか。
なぜ?一人も銃火の中を立ち上がらないのですか?
なぜ?安全な日本国内でしか平和を訴えないのですか?
あなたたちは常に安全な場所でしか平和と言う幻想をみることができない偽善者たちだけらですよ。
ピースボートも他国の軍艦に守られながらソマリア沖で船上フルーツパーティーを開催して「軍靴の足音が聞こえる」と自衛隊批判ですからね。
日本の反戦・平和・憲法9条団体はとりあえず世界の戦闘地域のどれか一つでも平和憲法を制定させて自身の主張が正しいことを証明してくださいね。
(どうせスルーかスパム※だろうけどWWW)
posted by 泳ぐ鳥 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。