2014年01月23日

クジラ肉、“ハラール認証”を収得。・・・環境テロ組織vsイスラムテロ組織が見られる?

駐日米大使キャロライン・ケネディーがまた暴走をしている。
靖国に手を出しただけでなく、今度はイルカ漁に発言した。
まあこのおばさんの従弟って環境テロ組織の緑豆(海犬のほうだったかな?)の顧問弁護士だったはずだよ。
日本を攻撃したいのもよくわかるわW
さて、日本に遊びに来て同盟国の悪口言ってる駐日大使ってのも笑えない物だが、イルカではないがクジラについて面白い動きがあった。
クジラ肉がイスラム法により合法である認証を得たのだ。

ソースhttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140122-OYT1T00591.htm

日本の調査捕鯨船「日新丸」(8145トン)が、船内で行うクジラ肉の加工処理について、イスラム教の戒律に沿った食べ物であることを証明する「ハラール認証」を取得した。


調査捕鯨は、国の補助金と前年度に捕獲されたクジラの販売利益で運営されており、国内消費のすそ野をイスラム教徒にも広げる狙いがあるという。
ハラールは、アラビア語で「許されたもの」を意味する。認証を得るには「豚肉やアルコールを含まない」など細かい規定を満たす必要があり、イスラム神学者らでつくる認証機関が、食品の成分や製造工程を審査している。
日新丸を所有する共同船舶(東京都)によると、同船が広島県尾道市に係留中の昨年11月13日、認証機関が船内で加工処理の過程を確認。手の消毒で使っていたアルコールがイスラム法上認められないと指摘を受け、次亜塩素酸ナトリウムに変更し、同24日に認証された。



・・・いや〜胸がすっとするような記事だねw
なんでかってクジラ肉のイスラム圏への供給のお墨付きをもらったわけで、これにキリスト教国の反捕鯨国が日本に圧力をかけても「イスラム圏からの要請ですから。」と言えるし、また「クジラ肉の認証を取り消せ!」とイスラム圏に圧力をかけた場合“キリスト教の理屈をイスラムに押し付ける”形になるから正に中東戦争勃発、十字軍遠征の再燃になるわけだ。
そうなるとアルカイダが一斉にキリスト教圏で活動再開、又は環境テロ団体を名指しで標的にすることも考えられる。
・・・まあ、俺としてはア○カ○ダが緑豆の福○瑞○や海犬のポー○・ワ○ソ○が○○されたりするのを
笑いながら見てみたい気もしないでもないが、まあ、緑豆と海犬と○ル○イ○にケンカ売るほど度胸ないよな、所詮は操り人形だしWWW
しかしこれ考えた水産庁の官僚はすごいな、外務省が如何に仕事してないか分かるな(仕事しろよWWW)
それにしても「1000発のミサイルの照準を日本にあわせた。」と言う中国の発表には無反応なのに“日本がクジラやイルカを食べることに関しては素早く非難声明を出す”って、キャロライン・ケネディーにとって、日本人はクジラやイルカ以下の下等生物って認識なんだろうな、オバマも含めて。
まあしょうがないか、アメリカ民主党ってアメリカ式共産主義者の巣窟だし、ケネディー家に至っては第2次世界大戦や太平洋戦争の引き金となって世界大恐慌で株の空売りをして日本に経済的ダメージを与えて巨万の富を得た“悪魔の13家族”にして“呪われた家族”の一員だしね。
極論から言うとケネディー家って日本の立場で言えば“宿敵”以外の何者でもないわけよw
まあ、俺からすれば昔のことだから蒸し返す気は本来ならさらさらないが、俺たちの食い物にいちゃもん付けるってんなら話は別。
徹底的に潰すよWWW
まあ、フェイスブックやらで反対意見は非表示にするような“言論弾圧する人間”アメリカ政府は大使として指名しちゃったんだからアメリカはこれから、人種差別・言論統制などで他国に文句が言えなくなったわけだW
もともと、戦争好きなアメリカ民主党にとっては平和なんてどうでもいいわけで、あちこちで火種作るのが仕事だからね、本当にクズだわWWW
posted by 泳ぐ鳥 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387999887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。